MENU

愛人になりたいと思うようになったのは、アルバイトがあまりにもキツイためでした。
大学生になるのは親が反対で、でも私としてはどうしても進学したい気持ちがありました。
経済的な部分で親も大変だったようで、進学ではなく就職を希望していました。
だけど就職するにしても高卒よりはやはり大卒の方が有利だし、それにまだまだ勉強や遊びを楽しみたいという気持ちがありました。
そこで親とさんざん話し合いをした結果、学費や生活費は自分で支払うと言うことで決着したのです。
入学費用なども出しために高校生の頃からアルバイトを夢中でやっていました。
それでも、夢のキャンパスライフを送ることができるのだから、頑張れることもできていたのです。
親元を離れて一人暮らしとなり、生活費も学費も自分で捻出する生活が始まりました。
高校を卒業してからはキャバクラのアルバイトをするようになったのですが、これはやはり金銭的な部分で有利だったからです。
最初は良かったのですが、次第に生活が辛いと感じるようになってきてしまいました。
やはり一生懸命バイトをやらなければなりませんから、疲れも溜まりますし、また友達とも気軽に遊びに行けない事もあって、疲れを感じてしまっていたんです。
学食で昼食をとっている時の事でした。
周囲の話し声が聞こえてきて、それが衝撃的なものだったんです。
キャンパスの友達がお金持ちパパと愛人契約を締結しているというものでした。
その話の内容は愛人に月30万円も貰って関係を持っていると言うのです。
それを聞いたとき無性に、私も愛人になりたいという気持ちを持つようになってしまったのです。

今の夜の仕事をやっていては、学業も疎かになりがちです。
友達と遊ぶこともあまりできませんし、欲しい物も買うことができません。
助けてくれるような男性を見つける事ができたら、どんなに凄いことだろうって思ってしまいました。
パパ募集をすることができたら、今の苦しい生活を変化させることができるのです。

 

 キャンパスの友達がまさかお金持ちの男性と関係を持って、手当をもらっているなんてちょっと信じられない気持ちもありましたが、本当だったらその方法を教えて欲しいと思いました。
愛人になりたい、関係を持つことができるパパを見つけられたら他の友達たちみたいに楽な生活ができるのです。

 

 

名前:未莉
性別:女性
年齢:19歳

 

プロフィール:
自分自身で学費や生活費を出さなければなりませんでしたから、アルバイトは一生懸命生きていました。
キャバクラの仕事をしていたのですが、さすがに辛くなってきてしまったんです。
助けてくれる男性の話を聞きつけて、私も興味を持ってしまいました。
助けてくれるパパを見つけられたら、普通の女子大生みたいな生活ができるのですから。